脳神経内科・内科・循環器内科・放射線科

循環器内科


循環器疾患の種類

虚血性心疾患:狭心症・心筋梗塞症
心臓に酸素やエネルギーを供給する冠動脈と呼ばれる血管が、動脈硬化により狭くなったり詰まったりすることによって、胸痛や胸の圧迫感を感じたり(狭心症)、心筋が壊死してしまったり(心筋梗塞症)します。

心筋症
心臓の筋肉に障害が起きることにより、心機能が低下する病気です。様々な原因で起こりますが、原因を特定できない場合もあります。大きく分けて拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症があります。

不整脈(徐脈性、頻脈性)
 正常よりも脈が遅くなる「除脈性不整脈」、速くなる「頻脈性不整脈」などがあります。

心臓弁膜症
心臓には左右に合計4つの弁がありますが、これに障害が起き機能しなくなる病気です。

高血圧症
原因を特定することができない本態性と、ホルモン分泌異常や腎動脈の狭窄による(腎血管性など)二次性があります。

閉塞性動脈硬化症
手足の血管が動脈硬化により狭くなったり詰まったりすることによって、しびれや痛みが起こり、最悪の場合は壊死に至ることもあります。

肺塞栓症
足などにできた血液の塊(血栓)が血液の流れに乗って肺動脈に至り、詰まってしまう病気で、命を奪うこともある重大な病気です。エコノミークラス症候群も呼ばれます。

下肢静脈瘤、深在静脈血栓症
下肢静脈瘤は足から体に戻る静脈の血液が何らかの原因によって停滞し、こぶのように膨らんでしまう症状です。命の危険などはありませんが、足のむくみや痛み、かゆみなどに悩まされます。まれに潰瘍ができ重症化することもあります。→(下肢静脈瘤ページへ)
深在静脈血栓症とは、深部静脈に血栓ができる病気で、足のむくみなどが現れます。足の静脈から肺に血栓が流れていくと、肺塞栓症を起こしますので注意が必要です。

TOPへ戻る