脳神経内科・内科・循環器内科・放射線科

循環器内科


循環器検査について

一般の健康診断で行われている採血・尿検査および胸部レントゲン写真のデータが心血管疾患の診断治療の参考になります。一般の健診で行われる検査以外では、心電図、ホルター心電図、心臓超音波検査、血管超音波検査、コンピューター断層撮影(CT)検査などが行われます。

ホルター心電図:

24時間、心電図を装着し、日常生活を行っていただきます。これによって、不整脈の有無が明らかとなります。

心臓超音波検査:

心臓内腔の拡大・心筋の肥大・壁運動の異常および弁の動きの異常などを評価します。

動脈・静脈の超音波検査:

血管内の血栓・狭窄病変の有無や、血流の状態を検出します。深在静脈血栓症は、肺塞栓症の原因となるため、抗凝固療法が必要となります。

コンピューター断層撮影(CT検査):

肺動脈や大動脈が明確に描出できるため、肺高血圧症の診断、大動脈瘤・大動脈解離の診断を行うことができます。
さらに、造影剤を点滴して行う、冠動脈CT検査では、心筋を栄養する冠状動脈の病変の有無が明確となり、狭心症や心筋梗塞症の冠動脈閉塞病変の正確な診断が可能です。

TOPへ戻る