脳神経内科・内科・循環器内科・放射線科

脳神経内科

脳神経内科の検査と治療について

検査

脳神経内科は、症状について詳しくお話を聞く(問診)、専門家による神経系の診察(神経学的検査)が大切です。 脳神経内科の診察では脳神経系、記憶検査、手足の運動・感覚を調べる、歩行検査、反射など詳しく診察するので時間がかかります。
それらを総合して、脳神経のどこ(場所)にどんな異常(原因)があるかを判断して、その人に合った必要な検査を行います。 血液検査は当クリニックで行いますが、特殊検査としてMRI(頭部、脊髄)、脳波検査、などが必要な場合は、検査設備の整った府中恵仁会病院をご紹介しています。

治療

以前は脳神経の病気は治らないと言われていましたが、最近は脳梗塞も急性期の薬剤の進歩(tPA)・血管内治療で後遺症がなく退院する方もいますし、てんかん・片頭痛も薬で予防や症状を軽減できます。認知症も症状の進行を抑制する方法が工夫されています。またパーキンソン病、重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群などの難病でも治療法が開発されて日常生活に支障ない方、症状をかなり軽減することができるようになりました。今や脳神経内科の病気も治る時代を迎えつつあります。

TOPへ戻る