脳神経内科・内科・循環器内科・放射線科

内科

生活習慣病について


日本の3大死因である「がん」「心臓病」「脳卒中」は生活習慣との間に密接な関わりがあります。生活習慣病とは食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症・進行に関与する症候群のことをいいます。具体的には高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症、メタボリックシンドロームなどが挙げられます。これらはそれだけで自覚症状はほとんどありませんが、放っておくと脳梗塞、心筋梗塞など重大な病気の原因となり、予防が非常に大切です。

高血圧

高血圧は最も多い生活習慣病のひとつで、30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%にあるといわれています。他の国と比べ日本人の食塩摂取量は非常に多く、今後も高血圧患者さんの増加が予想されています。高血圧はそれだけでは無症状ですが、放置してしまうと脳卒中、冠動脈疾患の罹患率・死亡率を高めてしまうため、積極的な予防が必要です。

《高血圧の診断基準(mmHg)》

家庭血圧と診察室血圧は高血圧の基準が異なります。

収縮期血圧(上の血圧) 拡張期血圧(下の血圧)
診察室血圧 140以上 かつ/または 90以上
家庭血圧 135以上 かつ/または 85以上

《高血圧の分類(mmHg)》

収縮期血圧(上の血圧) 拡張期血圧(下の血圧)
正常域血圧 至適血圧 120未満 かつ/または 80未満
正常血圧 120-129 かつ/または 80-84
正常高値血圧 130-139 かつ/または 85-89
高血圧 Ⅰ度高血圧 140-159 かつ/または 90-99
Ⅱ度高血圧 160-179 かつ/または 100-109
Ⅲ度高血圧 180以上 かつ/または 110以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 かつ 90未満

脂質異常症(高脂血症)

以前は、LDLコレステロール(悪玉)や中性脂肪が多すぎることを高脂血症と呼んでいましたが、HDLコレステロール(善玉)が少ない状態も良くないことから、脂質異常症と呼ばれるようになりました。
日本では成人の2.5人に1人が脂質異常を疑われており、食の欧米化とともにコレステロール摂取量も増えています。コレステロールが高いと動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高まります。

《脂質異常症 診断基準》

LDLコレステロール(悪玉) 140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
120-139mg/dL 境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール(善玉) 40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド(中性脂肪) 150mg/dL以上 高トリグリセライド血症
Non-HDLコレステロール(※) 170mg/dL以上 高Non-HDLコレステロール血症
150-169mg/dL 境界域高Non-HDLコレステロール血症

※総コレステロール値からHDLコレステロール値を引いた値

糖尿病

血糖値はインスリンと呼ばれる血糖値を下げるホルモンにより調節されていますが、食べ過ぎや運動不足はインスリンの働きを悪くさせ血糖値を上昇させます。血糖値が高くなると糖尿病の3大合併症である網膜症、腎症、神経障害だけでなく脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まります。
糖尿病初期では自覚症状がないことが多く、進行していくと少しずつ症状があらわれてきます。

自覚症状

  • ・体がだるい、疲れやすい。
  • ・食べても体重が増えない。
  • ・足の先がジンジンしたり、しびれたりする。
  • ・小さな傷でもなかなか治らない。
  • ・皮膚が乾燥する。
  • ・目がかすむ
  • ・頻尿

《糖尿病の診断基準》

血糖値 空腹時 126mg/dL以上 OGTT2時間 200mg/dL以上 随時200mg/dL以上
HbA1c(NGSP) 6.4以上

OGTT: 経口ブドウ糖負荷試験

血糖値もしくはHbA1cが、上記のいずれかを示せば「糖尿病型」とします。
別の日に行った検査で「糖尿病型」が2回以上認めれば糖尿病と診断します。
血糖値とHbA1cが同一採血で糖尿病型を示せば糖尿病と診断します。

メタボリックシンドローム

内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常症のうち、いずれか 2 つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。メタボリックシンドロームは生活習慣病と関連性が高く、動脈硬化の進行から脳梗塞、心筋梗塞の危険性が高まります。

《メタボリックシンドロームの診断基準》

男性 女性
腹囲 85㎝以上 90㎝以上

※内臓脂肪面積 男女とも100cm2以上にに相当します。

上記に加えて、以下のうち2項目以上を満たす場合にメタボリックシンドロームと診断します。

トリグリセライド(中性脂肪) 150mg/dL以上 かつ/または HDLコレステロール(善玉) 40mg/dL未満
収縮期血圧(上の血圧) 130mmHg以上 かつ/または 拡張期血圧(下の血圧) 85mmHg以上
空腹時血糖値 110mg/dL
TOPへ戻る