脳神経内科・内科・循環器内科・放射線科

もの忘れ外来

認知症の原因・検査・治療について

原因

アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症などが挙げられます。高齢者では原因が複数存在することもよくあります。
例えばアルツハイマー型+脳血管性、 アルツハイマー型+レビー小体型などです
内科的な疾患(甲状腺・副腎機能低下、ビタミンB群欠乏、肝機能異常、電解質異常など)脳外科疾患(正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫など)でも認知機能低下をきたします。

検査

認知症の原因を調べるために 記憶力に関する心理テスト以外に血液検査・MRI画像検査を行います。症状によっては脳波・RI検査(脳血流シンチグラフィー検査、MIBG心筋シンチグラフィー検査など)を行います。

治療

治る認知症を除外したあとは症状を軽減する薬物治療、介護保険などを利用してケア・運動療法・脳トレを行うことになります。認知症の治療は本人以外にも家族の方にも認知症を理解して接していただくことも重要です。生活習慣病があるとは認知症になりやすく、進行も早くなる可能性があり、治療を適切に行うようにします。

TOPへ戻る